中山身語正宗の誕生 ご本尊・中山不動尊

本宗の願いは「世界の平和と万民の幸せ」
新芽のイメージ  中山身語正宗は、大正元(1912)年2月18日に「根本大悲の親」と名のられるみ仏が宗祖上人に直々に託された「おことば」によってこの世に持ち出されました。
 この「おことば」には、私たちに真の「やすらぎ」と「幸せ」を授け、「世界の平和と万民の幸せ」を実現するための方法と目的とが示されています。
 宗祖上人はこの「おことば」を「根本大悲の親」が自分に託された使命と受けとめられて、その実現のために生涯を捧げられました。そこで私たちは、この「おことば」のことを「宗祖のご本願」といっています。

宗祖のご本願
この度、根本大悲の親は頼む一念身語正と開くぞ。
日本の国のすみずみから、世界の国のはしばしに至るまで、
ひらいて助けてゆくぞ。
霊々石
 「宗祖のご本願」の前半では、み仏ご自身が「頼む一念身語正」という、それまでの仏教の実践とは異なった「仏教の新しい法門(おしえ)」をひらくと宣言され、後半では、その教えを広く世の中に周知させ、「世界の平和と万民の幸せ」を実現すると、宣言されています。
 ですから、本宗の様々な宗団活動はすべて「宗祖のご本願」を目指すものであり、本宗の信仰姿勢もこれに沿ったものといえます。
宗祖上人が三年三月のお行をされた坊住山の山頂「霊々石」


次のページへ
中山身語正宗の誕生 ご本尊・中山不動尊
サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.