お知らせ

平成31年

[H31.04.10記載]
◆中山本瀧の工事終了
 昨年7月の豪雨災害の影響で、参拝規制を行っていました「中山本瀧」は、お滝場の上の法面工事が終了し、4月10日より入滝が可能となりました。
 但し「成田之瀧」は、まだご利用いただけません。

 なお、本瀧の再開に伴い、これまで一般のお同行様に開放していました学院「光明之瀧」は、学院専用となります。一般者の参拝はできません。ご留意ください。

〇大本山の参拝規制について
 4月10日現在の大本山境内の参拝規制カ所は、「成田之瀧」の1か所です。
 また、「奥之院第1駐車場」もご利用できません。奥之院等へのご参拝は、墓所前の「奥之院第2駐車場」をご利用ください。
[H31.04.10記載]
◆大本山を会場に西日本宗教学会開催
 3月28日(木)~29日(金)の2日間、西日本宗教学会の第9回学術大会が、大本山瀧光徳寺信徒会館講義棟1階で開催されました。
 初日は13時30分より17時まで、「行と経験」をテーマに公開シンポジウムが行われ、本宗関係者15名(うち役員7名)を含む、およそ50名が参加しました。

開会にあたり、受け入れ側として挨拶に立つ八坂本部長、左が白川顧問
 本宗教学研究所の白川琢磨顧問が司会兼コーディネーターを務め、佐藤弘夫・東北大学教授などパネリスト3名による発表の後、フロアを交えて活発な質疑応答や討論が行われました。
 2日目は9時10分から16時30分まで7名の研究者により、宗教学や民俗学など多様な研究発表がなされました。
[H31.04.04記載]
◆「青年錬成会」のご案内
日程/5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
場所/大本山瀧光徳寺
参加対象者/新高校生を含む16歳~40歳までの青年男女
参加費/2000円(百万遍廻向料500円を含む)
申込締切/4月21日までに親先生を通してお申し込みください

 青年本部では、5月3日から5日までの2泊3日、大本山瀧光徳寺において「青年錬成会」を開催します。
 今回の錬成会は「わたしの歩む道~いざ、新たな時代へ~」と題し、開催します。
 主な内容は、宝満山への参拝登山をはじめ瀧行、写経、百万遍、また諸作法説明や茶話会などです。

 同じ信仰を持つ同じ年代の仲間とともに三日間を大本山で過ごし、み仏に向き合い行じていくなかで、様々な「気付き」や「学び」を授かれるよう、そして参加者同士の「縁」を更に深めていけるよう企画されています。多くの青年たちの参加をお待ちしています。
 各末寺に案内状が配布されていますので、詳しくは親先生にお尋ねください。お問い合わせは、青年本部まで。電話0942-92-2931(代表)
[H31.04.04記載]
◆4月28日・29日、「開創大法要」が厳修されます
 今年も4月28日と29日の二日間、大本山瀧光徳寺において「開創大法要」が厳修されます。
 大法要は「大本堂」と研修会館「大講堂」の2カ所で厳修され、開始時刻はいずれも10時30分です。教区毎に担当日、会場がそれぞれ定められていますので、お間違えのないようご注意ください。

 また、法要初日(28日)は、13時より大本堂で「五大献茶式」も執り行われます。その他、両日共に茶道部による「施茶」が、勧学院1階の円炉室と茶道室にて行われますので、お立ち寄りください。
 大法要のスケジュールや教区担当日、法要会場等は次の通りです。

〈開創大法要の日程と担当教区〉
【4月28日(日)】
 8時~10時 施茶(勧学院1階)
 10時30分 開創大法要
   大本堂/福岡県中部、熊本、宮崎教区
   大講堂/福岡県南部、佐賀、山陰、関西、四国教区
 13時~15時 五大献茶式、施茶(大本堂)
 
 【4月29日(月・祝)】
 6時 御衣替え法要(奥之院)
 8時~10時 施茶(勧学院1階)
 10時30分 開創大法要
   大本堂/大分、鹿児島、山口教区
   大講堂/福岡県北部、長崎、山陽教区
 法要終了後~13時30分 施茶(勧学院1階)

※大法要期間中、大本山とJR基山駅間を無料送迎バスが7時より運行します。
※大法要期間中、大駐車場と研修会館間を山内循環バスが8時より運行します。但し、山内循環バスの利用は、体の不自由な方や高齢者に限ります。
[H31.04.04記載]
◆学院第37期生が托鉢行の浄財を社会福祉協議会に寄贈
 本宗学院第37期生は、大暑と大寒の頃を中心に地元基山町や鳥栖市で托鉢行を勤めてきました。その托鉢でお預かりしたご浄財3万8975円を、3月13日、基山町社会福祉協議会に寄贈しました。
 なお、第37期生は、1年間の修学期間を終え3月25日に卒業式を迎えました。


[H31.03.18記載]
◆定期講習会でブータン支援の贈呈式
 本宗は昨年から、ユニセフ(国連児童基金)を通じ、3カ年計画でブータン王国の僧院・尼僧院で学び、生活をする子ども達の支援に取り組んでいます。
 その2年目となる支援金の贈呈式が、去る3月9日、本年第1回定期講習会開講式のなかで執り行われ、受講生が見守るなか感謝運動の浄財3万米ドルの目録を、日本ユニセフ協会へ寄託しました。

 贈呈式のあと、昨年のブータンにおける活動報告が、日本ユニセフ協会・団体企業事業部の中野寛子氏より行われました。
 都市部と農村部の格差が著しいブータンにおいて、僧院や尼僧院は、孤児や困窮した家庭の子ども達、また障がいがあるなど公立の学校に通えない子ども達の受け入れ、教育の場です。
 その僧院学校において、昨年ユニセフでは衛生環境の改善を中心に活動がなされました。そして感謝運動の浄財によって、2つの僧院で給水設備の設置が完了し、4名の障がい児を含む75名の子ども達が、清潔で安全な水を毎日利用できるようになったことなどが報告されました。
 また、子ども達の衛生習慣を啓発するための「手引書」も新たに作成して教育がなされたり、僧院学校の指導者研修にも役立てられるなど、ブータンの子ども達の保護に感謝運動実践会員のおまことが生かされていることを、ご紹介いただきました。
[H31.03.01記載]
◆本年第1回「定期講習会」での「使用教堂」のご案内

3月9日(土)、10日(日)の1泊2日間、大本山で開講される本年第1回定期講習会での各組の「使用教堂」(予定)は下記の通りです。既に申込みを済まされている受講予定者はご参照下さい。
教 堂
1組
研修会館 大講堂
2組
研修会館 409号室
3組
講義棟 1階
4組
講義棟 2階
5組
勧学院 第8教堂
6組
勧学院 第6教堂
7組
研修会館 406号室
8組
研修会館 403号室
9組
研修会館 401号室
10組
研修会館 405号室
11組
研修会館 407号室
12組
研修会館 402号室
※講習会当日、変更になる場合がございます。ご了承下さい。

[H31.03.01記載]
◆「宗祖上人ご生誕百五十年祭」特設サイト公開
 2021年4月の「宗祖上人ご生誕百五十年祭」に向けた特設サイトが、宗の公式ホームページ上に公開されました。
 特設サイトでは、ご生誕百五十年祭に向けた取り組みの紹介や大法要までのカウントダウンなどを掲載。また今後は、オーディオドラマによる「宗祖上人伝」や、宗祖上人をより深く知っていただくための情報提供のページ「宗祖を知る」を定期的に更新していくとともに、更には、SNS(インスタグラム)を活用して、ご生誕百五十年祭に関する新着情報を次々にアップロードし、いち早く皆さまにお知らせしていく予定です。
[H31.03.01記載]
◆「輔教資格者研修会」のお知らせ
開催日時:4月13日(土)12時~14日(日)12時(予定)
開催場所:大本山瀧光徳寺 研修会館
参加資格:輔教資格者、並びに新たに輔教資格の取得を希望する本宗僧侶
受付時間:13日10時~11時30分
受付場所:研修会館4階
受講料 :6000円
申込締切:4月3日

 本年も4月13、14日の1泊2日、大本山瀧光徳寺において「輔教資格者研修会」を開催いたします。
 既に輔教資格をお持ちの方はもちろん、将来、親仏(本宗の末寺の代表者)を目指しておられる方、また各末寺で親仏の手足となってお手伝して下さる方は、本研修会をぜひ受講して下さい。
 ただし、今回の研修会で新たに輔教資格の取得を希望される僧侶の方は、必要条件があります。詳細については各末寺に配布される案内書をご覧下さい。
 また、既に輔教資格をお持ちの方(71歳以上は除く)は、本研修会に連続して3回欠席されると、輔教資格が失効となりますのでご注意下さい。
 お問い合わせは、研修2部(担当:熊倉)まで。
 電話 0942-92-2931(代表)

[H31.02.07記載]
◆平成31年第1回「定期講習会」のご案内
日時/3月9日(土)~10日(日)1泊2日
場所/大本山瀧光徳寺

 本年第1回目の定期講習会が3月9日・10日、大本山瀧光徳寺で開かれます。
 この「定期講習会」の初級課程(6組まで)は、本宗のお同行であればどなたでも受講できます。受講に関する詳しい内容は、各末寺に配布してあります「ご案内」(募集要項)をご参照いただき、親先生を通して研修2部へお申し込みください。

 なお、定期講習会で学べることは、本宗の信心を深め、豊かにするためのものです。詳しいことは、それぞれの親先生からお聞きいただければと存じます。

○申込締切/2月27日(再受講者を含む)
○受講料/6000円
○開催日時/9日10時~10日12時00分
 (解散予定12時30分)
○受付時間/9日7時00分から8時45分まで
 ※受付は当日のみです。
○受付場所/研修会館4階
○使用教堂/開講の5日前ぐらいに、ホームページに掲載する予定です。
○交通/JR基山駅から大本山まで、次の予定でバスを運行します。ご利用ください。
 8日(金)通常運行(17時20分基山駅発が最終)
 9日(土)7時30分よりシャトル運行
 10日(日)講習会終了後、シャトル運行
※大本山バスの通常運行時刻表は、 "こちら" からご覧いただけます。
※自家用車でご来山の方のために、7時30分より大駐車場から研修会館までの巡回バスを運行しています。

[H31.02.07記載]
◆「立教柴燈大護摩祈願祭」のご案内
日時/2月18日(月)午前11時
場所/大本山瀧光徳寺(勧学院前広場)

 来る2月18日(月)、午前11時「立教柴燈大護摩祈願祭」が厳修されます。
 本宗の「立教の日」である大正元年2月18日に合わせて毎年厳修される「立教柴燈大護摩祈願祭」は、「世界平和と万民の幸せ」をはじめ、無病息災など私たち一人ひとりの諸願成就を至心に願う、九州でも有数の柴燈大護摩供です。一人でも多くの皆様にご参拝いただきますようご案内いたします。

 また、大護摩祈願祭終了後には、手洗い鉢前の特設会場において、本宗茶道部により「峰梅釜」を用いた施茶も行われます。この「峰梅釜」は、身語正第二世覚照猊下のご内室如峰様が、宗祖覚恵上人より『毎年の立教柴燈大護摩供に瀧の水を汲んで祭壇に供え、祈願したその水で茶を点て参拝者に施茶せよ。衆生の危難を救うてやるぞ』との〈おじひ〉に由来する本宗独特の大茶釜です。どうぞお立ち寄りください。
 なお詳細は、本宗法要部及び茶道部へ直接お尋ねください。連絡先は共に0942-92-2931(代表)です。

○当日は、午前7時よりJR基山駅と大本山間を、無料送迎バスが運行されます。
○祈願酒をご希望の方は、当日あらかじめ「祈願酒引換券」をご購入のうえ、祈願祭終了後にお受け取りください(1本500円)。
○法要終了後、希望者にお渡ししていました護摩の炭などのお分かちは、今年より廃止となっています。予めご了承ください。

[H31.02.07記載]
◆アンコール小児病院開院20周年式典に八坂宗務総長らが参加
 ご承知の方も多いように、本宗は「感謝運動」を通じ、平成15年から10年間、カンボジアのアンコール小児病院で実施されてきた、医療従事者のための教育プロジェクトを支援してまいりました。
 そのアンコール小児病院が今年20年を迎え、去る1月25日、開院20周年式典が現地で催されました。式典には本宗からも八坂應澄宗務総長をはじめ、竹地春海本宗参与、八坂親准青年本部長が参加。現地スタッフやこれまでの支援者と共に、20年の節目を迎えた喜びを共有し、幸せを分かち合いました。
 なお、『めぐみ』143号(2月末発行予定)にてアンコール小児病院開院20周年式典報告を掲載します。ご覧ください。

[H31.01.10記載]
◆青年部「みらい塾」のご案内
日程/2月9日(土)9時~10日(日)13時
場所/大本山瀧光徳寺
参加対象者/高校1年生を含む16歳~40歳までの青年男女
参加費/2,000円
申込締切/1月27日までに親先生を通してお申し込みください

 青年本部では、「2月青年錬成会」に替わる新たな行事として「青年部みらい塾」を、2月9日からの1泊2日間、大本山瀧光徳寺において開催します。
 この「青年部みらい塾」は、中山身語正宗の正しい教えと正しいお行(お参り作法)を基礎から学ぶ青年育成のための研修会です。
 また、講話や写経をはじめ親睦会なども計画されており、青年部員同士の交流を図りながら、青年部活動の楽しさや、同じ信仰を持つ仲間を得ることの喜びも実感できる、大変参加しやすい内容となっています。多くの青年たちの参加をお待ちしています。
 各末寺に案内チラシが配布されていますので、詳しくは親先生にお尋ねください。お問い合わせは、青年本部まで。電話0942-92-2931(代表)

[H31.01.10記載]
◆「教区総会」日程と会場の案内
1月から3月にかけて、各教区で「平成31年度教区総会」が開催されます。
教区毎の開催日、会場、開催時間は次表のとおりです。僧侶の方々はぜひご参加ください。

平成31年度 教区総会会場
教 区
開催日
場 所
開始時間
福岡県北部
3月3日(日)
なかまハーモニーホール
10:00
福岡県中部
2月11日(月・祝)
大本山瀧光徳寺 講義棟1階
11:00
福岡県南部
2月24日(日)
柳川総合保健福祉センター 水の郷
10:20
佐賀
2月10日(日)
佐賀市文化会館
9:30
長崎
2月11日(月・祝)
長崎県総合福祉センター
10:20
熊本
2月26日(火)
熊本教区対象
3月3日(日)
大本山所属対象
観覚寺
10:00
大分
3月31日(日)
大分県労働福祉会館
7階カトレアA
9:00
宮崎
3月3日(日)
宮崎市佐土原総合文化センター
9:30
鹿児島
2月10日(日)
鹿児島市福祉コミュニティセンター
13:45
山口
2月3日(日)
山口県婦人教育文化会館
10:20
山陽
1月20日(月・祝)
合人社ウエンディひと・まちプラザ
研修室A・B
10:00
山陰
3月31日(日)
大社文化プレイスうらら館
10:00
関西
2月24日(日)
完宗院
10:30
関東
2月11日(月・祝)
関東別院 誓照寺
10:00
四国
2月10日(日)
松山市総合コミュニティセンター
9:00

[H31.01.10記載]
◆今年は「佛心修行」を指針に
 宗祖覚恵上人の祥月命日にあたる1月5日、大本山瀧光徳寺に本宗諸役職者をはじめ全末寺の親仏等が参集し、大本堂において「宗祖覚恵上人御正忌法要」が厳修され、続いて研修会館大講堂に会場を移して「年頭のおさづけ」が催されました。

 「年頭のおさづけ」では、まず管長猊下が年頭の挨拶に立たれ、今年の指針として、み仏より授かられた〈おじひ〉のおことば「佛心修行(ぶっしんしゅぎょう)」(後述)について話されました。続いて、今年度の法座専任講師の任命や功労者表彰などが行われた後、本年の「宗活動方針」について、方針並びに3つの実践項目を、八坂應澄宗務総長をはじめ、今泉観行、石田憲正両宗務副総長、浅原智行責任役員が登壇し解説がなされました。なお、今年の「宗活動方針」は、昨年と同じです。

〈方針〉
 「宗祖上人ご生誕百五十年祭」を成満しよう
(実践項目)
 1.宝蔵比丘如来造立篤志のおすすめをしよう
 2.「ありがとうございます」の念仏行を実践しよう
 3.ご成就・おみぞさらえのおすすめをしよう
※「宗活動方針」等「年頭のおさづけ」についての詳細は、2月末発行予定の『めぐみ』143号にて掲載します。ご覧下さい。

〇〈佛心修行〉~ 「年頭のおさづけ」より~
 仏教において大切なことは、私たち自身の心のあり方です。
 仏心(仏の心)とは、一切の煩悩や執着を離れて安らぎに満ち、いかなる障害にも揺るがず不動であり、どこまでも衆生を利益してやまない大慈悲心であります。
 私たち一切の衆生には、生まれながらに仏性(仏になれる性質)が具わっていると説かれます。しかし、自分の心を見てみれば、楽に流れ、欲に流れ、まことに捉えがたく、頼りなく、弱いものです。このような凡夫の心を磨きあげるためには、身語正では「頼む一念」をもって仏様にすがること、すなわち修行によって仏様の心を学び、仏様の心に近づくことが必要です。
 三歳児になり、赤子になって、み仏の胸に飛び込んで、すべてをみ仏にゆだね、どんなときでも私たちに寄り添ってくださる仏様への報恩感謝の念を、徳積みへの力に変えて、ともに身語正道を歩みたいものです。
 甘えることなく、怠ることなく、日々の行願に邁進し、身語正道に精進する一年とさせていただきましょう。



◆平成31年・お知らせ一覧へ お知らせの最新リストへ


お問い合わせ
●中山身語正宗についてのお問い合わせ
 中山身語正宗 大本山 瀧光徳寺
 〒841-0204 佐賀県三養基郡基山町宮浦2200  TEL/0942-92-2931(代表)

サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.