学びの森
最新号へ戻る
平成26年


 平成26年12月
中山身語正宗を語る[1]


「身語正は、立教当初から身語正であった」
 平成26年11月
中山身語正宗と仏教の常識[21]


檀家離れ、墓離れなど近年の葬式問題と、本宗のご先祖供養・回向
 平成26年10月
中山身語正宗と仏教の常識[20]


日本における「神」と「仏」との関係について
 平成26年9月
中山身語正宗と仏教の常識[19]


より内面的、精神的な特性を重んじた日本仏教
 平成26年8月
中山身語正宗と仏教の常識[18]


「真摯な仏教者」となることが、日本の仏教者の目指すべき姿
 平成26年7月
中山身語正宗と仏教の常識[17]


本宗の「三宝」、その土台にあるのは「親と子」という身語正信心の姿
 平成26年6月
中山身語正宗と仏教の常識[16]


大乗仏教において「僧宝」とは、僧俗問わず全ての仏道修行者を指す
 平成26年5月
中山身語正宗と仏教の常識[15]


仏教における「法」とは、縁起の理法のことです
 平成26年4月
中山身語正宗と仏教の常識[14]


〈おじひ〉を正しく受け止め、実践実行を通して仏と相見(あいまみ)える信心
 平成26年3月
中山身語正宗と仏教の常識[13]


仏教者が帰依すべき三つの宝「三宝」、その一つ「仏宝」とは
 平成26年2月
中山身語正宗と仏教の常識[12]


「慧学」とは、理屈として正しく理解したみ仏の智慧に他ならない
 平成26年1月
中山身語正宗と仏教の常識[11]


本宗の「定学」は、み仏にすがり「頼む一念」になりきること


学びの森・最新号へ

サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.