身語正の実践
「身語正」のお行とは 「身語正」の利他行とは 「おさづけ」 ご先祖供養の大切さ
「感謝運動」の実践 「宗祖のご本願」をめざした「身語正」信心の推進
メニューページへ戻る
「感謝運動」の実践
感謝の心をいただく
「感謝運動」の実践とは
  毎週、日曜日の朝食を抜いて断食をします。
 その時、空腹を抑えるとともに、自らのわがまま、気ままな心もおさめさせていただきます。すると、み仏のみならず天地万物(てんちばんぶつ)から生かされていることに気づき、心底、感謝のできる心を養うことができるのです。
 そして、断食した一食分の浄財をみ仏にお供えして、「世界の平和と万民の幸せ」を願い行じさせていただきます。
 これが感謝運動の実践という「宗祖のご本願」成就のためにつませてもらう「お行」なのです。


 宗祖上人は「身語正の信心は、お行を通してみ仏からこころを授かること」と説かれ、「世界の平和と万民の幸せ」を願う立教の日の〈おじひ〉のおことば(のちに「宗祖のご本願」と称される)を自らの最高の目標とされました。
 そのような宗祖上人のみ心を受け継いで、現在、多くの宗人は「感謝運動」という本宗の基本行を通し、足ることを知り、感謝の心を養い、わが身の幸せを祈るだけでなく、「世界の平和と万民の幸せ」のための行願に取り組んでいます。

感謝運動祈りのことば

感謝運動モニュメント
感謝運動モニュメント


支援先のネパールの子どもたち
支援先のネパールの子どもたち
 この感謝運動のご浄財は、「宗祖のご本願」成就のために、宗内のみならず、国内外の被災地への緊急支援、ユニセフ(国連児童基金)などを通した様々な支援活動、また、世界の平和を目指すWCRP(世界宗教者平和会議)の活動のほか、医療、教育の遅れた地域への支援などに役立てられています。


前のページへ 次のページへ

「身語正」のお行とは 「身語正」の利他行とは 「おさづけ」 ご先祖供養の大切さ
「感謝運動」の実践 「宗祖のご本願」をめざした「身語正」信心の推進
メニューページへ戻る
サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.