中山身語正宗のあゆみ
「宗祖覚恵上人」略伝 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 中山身語正宗 宗史
「宗祖覚恵上人」略伝
[9]後継者の育成・引き継がれるみ仏の心
 晩年の覚恵上人に残された役割は、み仏の手足となり人助けをしてくれる人材を育てることでした。絶えずみ仏の働きかけを実感できる覚恵上人の行動や考えはすべてみ仏の心に沿ったものでした。率先垂範 (そっせんすいはん)、意図せずとも、信徒たちは多くのことを覚恵上人の姿から教えられます。わが身の利害にとらわれず、あやまちにはいち早く気づき、改め、良いことはどこまでも持ちとどける確固たる信念、そしてみ仏に向かい行ずる時の真摯 (しんし)な姿から誰もが学ぶことができたのです。
 昭和13年には、本宗僧侶の育成のための講習会が開始されます。その最後にはいつも、「み仏を信じて行じて縋 (すが)って縋ってみ仏に出会うまで縋れ。根底の〈おじひ〉にたどり着くまで行じ切れ。そして、身語正を頼む一念で一人ひとりがいただききれ、身語正は〈おじひ〉が命であるぞ」と教え諭 (さと)されました。

本宗第二世管長となる覚照は、大正13年に宗祖の三女フイ(如峰)と結婚。二人三脚で身語正の布教伝導に努める
本宗第二世管長となる覚照は、大正13年に宗祖の三女フイ(如峰)と結婚。
二人三脚で身語正の布教伝導に努める

 また、とりわけ覚恵上人の後継者とみ仏から示された義理の息子覚照の育成には、心血を注ぎます。昭和8年優秀な成績で高野山大学を卒業し帰郷した覚照に対して、覚恵上人は、み仏から授かったとして、「宗祖の三教」とよばれる教えを諭します。
 その時に覚照は大学で身につけた学問や理論の尺度だけでは推(お)しはかれないとてつもない大きな世界、学問を越える生きた信仰の世界があることに気づかされます。これを期に、覚照26歳、身語正行者として第一歩をあゆみ始めます。覚恵上人はそのような後継者の覚照に今までに得た「生きたご法」「生きた信仰」のすべてを授けていきます。


前のページへ 次のページへ

「宗祖覚恵上人」略伝 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 中山身語正宗 宗史
サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.