中山身語正宗のあゆみ
「宗祖覚恵上人」略伝 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 中山身語正宗 宗史
「宗祖覚恵上人」略伝
[3]転機そして俗世との決別・み仏の心のままに
 平戸でも漁をしながら、近くの金比羅神社にお参りする日々を送ります。み仏からは早く衆生済度(人々を迷い苦しみから救って悟りの境地に導くこと)に立つように催促をされますが、家族を養うためには仕事を捨てきれません。その年の末、苦しい生活をしいられている家族のために少しでも収入を得たいと無謀にも大荒れの海へ漁に出て、遭難(そうなん)してしまいます。
 その時、出現された金比羅大権現に窮地(きゅうち)を脱しようとして、「ご法のため一切衆生のために自分の身体をみ仏に捧げる」ことをお誓いしたのです。そして1週間の漂流の後、奇跡的に救われたのでした。

金比羅様 鳥居
単身平戸へ渡った宗祖は、金比羅神社への参拝が
日課であった

 明治44年、み仏との約束に従い、家族を連れ基山に帰郷した松太郎は、仕事にもつかず仏告のまま明けても暮れてもお行に身を任せることになります。
 しかし、この年に妻チエも失うことになりました。

 悲嘆と生活苦に打ちのめされた松太郎は、3人の子供を連れて菖蒲坂池で入水自殺を図ります。
 それは、「生活をとるか、信仰をとるか」の選択に迷う松太郎が、生活を選ぶがゆえに生きることにも行き詰まった姿でした。しかし、すんでのところで、み仏の仏告による叱責(しっせき)と励ましで思いとどまります。
 まさにその時「み仏が絶えずわが身と共にあること、衆生済度のために生も死も捨て、み仏に自らの身を捧げることこそが生きる大道であること」を松太郎はついに自覚したのでした。


前のページへ 次のページへ

「宗祖覚恵上人」略伝 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 中山身語正宗 宗史
サイトマップ ページトップへ

Copyright 中山身語正宗 All Rights Reserved.